ベルブラン 嘘

ベルブランが嘘と思われてる理由

 

ベルブラン 嘘

ニキビ跡ケアとして人気急上昇中のベルブランですが、その評判は「嘘」なんじゃないか?という意見や噂がちらほら出始めてきました。

 

というのも、ベルブランに対する評判が良すぎるのが原因です。

 

女性の性格は千人十色、同じベルブランを使っても評価が分かれるのが自然、といえば自然です。

 

確かに、あまりにも「ベルブランいいよ〜」「効きましたよ〜」なんて口コミばかりだと、嘘なんじゃないか?って思っちゃいますよね。

 

○ベルブランの評判が良すぎる

 

○悪い評価が少ない

 

○聞きなれない成分(ナノ化油溶性甘草エキス)が入っている

 

○全部ステマじゃないの?

 

などなど、ベルブランに対しての不安要素はこんなところでしょうか。

 

あまりにも評価が高すぎると、

 

ステマなんじゃないか?
本当は効果ないんじゃないか?

 

なんて疑心暗鬼になってしまうこともありますよね。

 

ベルブランの評判がいい、悪い評価が少ない。

 

これは、本当であればなんら問題はないはず。

 

そこで次に気になるのが【ナノ化油溶性甘草エキス】です。

 

>>ベルブラン詳細はこちら


 

ベルブランのナノ化油溶性甘草エキスってなに?

 

「ナノ化油溶性甘草エキス」とは、ただでさえ、美白効果のある油溶性甘草エキス。それをさらにお肌への浸透力を高めるためのナノ化技術との融合により、お肌への浸透力を高め、他の美容成分も一緒に引っ張る形で導入させる働きを持たせたエキスのことを言います。

 

油溶性甘草エキス(甘草フラボノイド)は、豆科の植物カンゾウの根、またはその同属植物の根、茎から抽出した植物エキスです。

 

肌のバリア機能を突破しメラニン生成の元で美白ケアを実感!
この「ナノ化油溶性甘草エキス」という成分が、肌のバリア機能を突破し速攻浸透しシミの根源となる元で美白成分の「トラネキム酸」の実力を発揮します。

 

さらに、ブースター効果がある「ナノ化油溶性甘草エキス」はその他の美容成分も同時に浸透させる働きがありより深い所で実感力がアップします!こんな仕組みなんですね。

 

 

ちなみにこの「油溶性甘草エキス」、甘草は、薬用植物として世界中で利用されており、「生薬の王」とも称されています。その歴史は4,000年にわたるとされており、古代バビロニアのハムラビ法典に薬として記述されている、また、古代エジプトのツタンカーメン王の墓地から甘草が発掘されたなど、数々の逸話があります。日本には中国より渡来したと考えられ、正倉院にも生薬としての甘草が保存されています。

 

でも、この羨ましい「ナノ化油溶性甘草エキス」を美容液にしたベルブランがあるので、ニキビ予防に悩んでいるあなたにも、チャンスはあるんです!

 

使い方もとっても簡単で、毎日のニキビケア用品を【ベルブラン】に変えるだけ。それだけでニキビ予防をすることが出来るんです。
(もちろん続けることで効力を発揮します。)

 

ベルブランの「ナノ化油溶性甘草エキス」についてご存知の方はどれくらいいたでしょうか?
「ナノ化油溶性甘草エキス」がどんなものなのか、イマイチ把握してなかった方も多いハズ。

 

良く分からない成分のままでは、

 

「嘘なんじゃないか?」
「そんな成分しらないよ?」

 

と思い込んでしまうことも多々ありますよね。

 

ここで「ナノ化油溶性甘草エキス」がどんな作用を持っているのか理解して頂けたと思います。

 

早いうちからベルブランを使ってニキビ予防することで、ニキビが出来にくいお肌環境を整えることができるんです!

 

早期ケアが肝です。

 

まずはベルブランで、効果のほどを実感してみて下さい。

 

>>ステマかどうかは公式サイトの情報でご確認を!

 

 

 

ナノ化油溶性甘草エキスって危険はないの?

 

ニキビ予防の代名詞ともなりつつあるベルブランですが、その成分は聞きなれない「ナノ化油溶性甘草エキス」というもの。

 

本音を言えば、ナノ化油溶性甘草エキスなんてあんまり聞かないし怪しい成分なんじゃないの?って思っていました。

 

ですが、いろいろ調べてみるとナノ化油溶性甘草エキスって怪しい成分でもなんでもなかったんです!

 

「ビタミンC誘導体」と聞いたら知っている人がたくさんいると思います。
あなたも、聞いたことありますよね?
ビタミンC を肌に浸透しやすい形にしたもの で、ビタミンCより美肌効果が高くニキビ、シミ、シワ、毛穴、美白などに効果がある万能な成分。良いやつです。

 

ベルブランの主成分「ナノ化油溶性甘草エキス」て、実はビタミンC誘導体とも働きが類似しているんですよ〜!

 

その効果はというと、

 

美白効果
抗酸化作用
消炎作用
など多岐にわたります。

 

つまり、怪しいな〜と思った「ナノ化油溶性甘草エキス」に副作用やアレルギーの心配はないんです。

 

それよりも皆さんの知らず知らずのうちに使っているその、ニキビケア用品。
恐ろしい成分が入っているのをご存知ですか?

 

>>ベルブラン詳細はこちら

 

市販のニキビケア化粧水は灯台下暗し?!

 

「ベルブランなんて聞いたこと無いし、ナノ化油溶性甘草エキスも怪しくて心配〜」

 

なんて思っていた方にこそ聞いてほしい事があります。

 

それが【市販のニキビケア美容液に入っている成分】です。

 

ニキビケア美容液であっても当然のように使われているコワイ成分が、パラベンホルムアルデヒド鉱油(ワセリン)香料ブチルヒドロキシアニソール(酸化防止剤)

 

ほらね、こっちの方がよっぽど聞きなれない成分じゃないですか?

 

この中でも「パラベン」「ホルムアルデヒド」「ポリエチレングリコール」3つの成分、実は発がん性があると言われているんです。

 

しかもそれが発がん性物質だとしたらどうですか?
それだけじゃありません、香料だって同様に危険視されてきているんです。

 

そんなものを顔のニキビに?

 

ナノ化油溶性甘草エキスがどうこうよりも、よっぽど恐ろしい事してますよ?

 

私たち親としては、「値段が高い」と「値段が安い」のくくりで品物をみます。薬でも石鹸でもなんでもそうですよね。
だけど、そこに使われている成分は果たして安全なものでしょうか?

 

『これは値段が高いから絶対安全よ〜』なんてことは、間違いなくあり得ません。

 

含まれている成分までしっかり確認してあげる習慣をつけましょう。

 

さっきまでは「ナノ化油溶性甘草エキスが怪しい」なんて疑問があったと思いますが、今はどうでしょう?
ナノ化油溶性甘草エキスをメインに使っているベルブランが、いかに安全かがお伝え出来てたら嬉しいです。

 

私も、たとえ大手化粧品メーカーのニキビケア美容液であっても成分チェックは欠かせません。
FANCLだから絶対安心、なんて油断もしません。

 

デリケートな部分ですから、本当に安心なものを使ってあげたいですよね。

 

>>ベルブラン詳細はこちら

 

ニキビなく生活するために重要な事

 

基本は『初期の段階でしっかり治すこと!』

 

ニキビなく生活するために必要なのは、ていねいなスキンケアをおこなう事です。
ニキビが出来るのにもっとも多い原因の一つが、皮膚が乾燥してバリア機能の低下。

 

●寒さによる顔の血行不良
●屋内外の寒暖差によって自律神経・新陳代謝が乱れ
●1月、2月と気温とともに湿度が年間て゛最も低くなり、毎日が肌乾燥

 

これらすべて、絶対NGです!

 

ですが、完全に乾燥にさせないぞ!と気合を入れてしまうと、ニキビが出来てしまったときのショックがとてつもないです。
なので、まずは初期の段階でしっかり治す!という気持ちで臨みましょう。

 

ベルブランが嘘なんじゃないか?全部ステマでは?という疑問や不安についてみてきましたが、それは個人個人で抱いている不安を「イメージ」して出来上がってしまったものにすぎません。

 

ナノ化油溶性甘草エキスについて、なにも有害なものはありませんでした。
それどころか市販されているニキビケア化粧水の「パラベン」「ホルムアルデヒド」「ポリエチレングリコール」の方が危ないという結果に。

 

まさか発がん性が噂されているものまであるので、「値段が高い」という表記に油断することなく、使われている成分には目を配らなくてはなりませんし、ベルブランについて知れば知るほど安全で頼りになるニキビケア美容液だと分かって頂けたことと思います。

 

それどころか

 

●ニキビに効果があるだけでなく、肌全体に透明感が出たり、肌が柔らかくなる
●ニキビとニキビ跡の両方をケアしてくれる(美容液では珍しい)
●浸透が早くベタつかないので、つけていて気持ちが良い
●ニキビの治療に皮膚科へ通う必要がなくなる
●治療にかかる費用がなくなる

 

などのメリットもあるので、ニキビやニキビ予防に悩んでいるあなたに一度は試して欲しいニキビケア美容液です。

 

>>一番安く変えるのは公式サイト!(60日間返金保証付き)

 

ベルブランに含まれる成分とは?

 

新しい化粧品を用いる際には、「必ず、成分を確認している」という方が増えてきました。

 

自然派の成分にこだわっている方も多いですね。

 

ベルブランにはどういった成分が含まれているのか、ご紹介しましょう。

 

ニキビ跡専用の化粧品は数多く販売されていますが、やっぱり安全性の高い商品を使いたいですよね。

 

『ベルブランは安心して使える。』

 

『ベルブランは肌に優しい無添加処方だから大丈夫でしょ。』

 

ベルブランが安全性をうたっているから大丈夫と考えると痛い目にあってしまいます。

 

そこで、本当にベルブランが安心できる成分をを配合しているのか全成分調べてみました。

 

ベルブランに含まれている成分としては、

 

導入成分

 

●油溶性甘草エキス

油溶性甘草エキス(甘草フラボノイド)は、豆科の植物カンゾウの根、またはその同属植物の根、茎から抽出した植物エキスです。

 

甘草エキスには、強力な消炎効果や抗アレルギー作用、副腎皮質ホルモン性の作用があります。

 

化粧品としては、肌荒れを防いでにきびの予防、美白効果などの美肌化粧品、フケ、カユミを防ぐヘアケア製品として使われています。

 

主成分のグラブリジンは、メラニンの生成を促す酵素チロシナーゼを抑制する働きがあり、その力はコウジ酸以上もあります。シミやくすみを防ぐ美白用製品にも配合されています。

 

甘草エキスに含まれるグリチルリチン酸は、化粧品に用いられるときには抗炎症・抗アレルギー成分がある点が評価されていて、皮脂の分泌を抑えてにきびや肌荒れなどの皮膚の炎症を緩和したり、消炎作用があります。

 

他にも、紫外線吸収作用や活性酸素の抑制作用、消炎作用などにも効果的です。

 

甘草エキスに含まれるグラブリジンには、メラニンの生成を促す酵素チロシナーゼを抑制する働きがあるので美白効果が期待できます。

 

どんなに良い成分が含まれていたとしても、それが肌の奥まで浸透しなければ、効果を発揮できません。

 

肌をつくる細胞と細胞のあいだには「細胞間脂質」があり、これが紫外線や細菌などにたいする「バリア機能」を果たしています。

 

ところがこの細胞間脂質にバリアされてしまうため、化粧品などをただ肌に塗っても、それが肌の奥まで浸透することができないからです。

 

そこでベルブランには、肌の奥まで成分を導入する成分として、ナノ化した油溶性甘草エキスが配合されています。

 

油溶性ですから、細胞間脂質に浸透しやすく、さらにナノ化することで、肌の奥まで入り込むのです。

 

ベルブランに配合されるその他の成分も、この油溶性甘草エキスに引っぱられ、肌の奥まで浸透する効果があるそうです。

 

ベルブランは、ブースター効果のあるナノ化油溶性甘草エキスを配合する事により、有効成分トラネキサム酸を始めとする美容成分が、角層へ浸透するのを助けています。

 

美白成分

 

●トラネキサム酸

トラネキサム酸といえば、肝斑(かんぱん)に効果的な美容成分として知られています。

 

肝斑(かんぱん)・・・主に、ほほ骨に沿って左右対称性に、または目尻の下あたりに左右対称にあるシミ

 

これまでにも医療医薬品として用いられてきた実績がある効果的な成分で、トラネキサム酸はアミノ酸の一種だといわれています。

 

トラネキサム酸には、メラニンの生成を抑制する効果や炎症を抑える作用があって、このことからニキビ跡の治療にも効果的だといわれています。

 

ニキビ跡にはいくつかの種類があって、色素沈着が原因のニキビ跡には、特に効果的だといえるでしょう。

 

しかし、クレーターのようなタイプのニキビ跡には思ったように効果が発揮されないかもしれません。

 

●アルピニアカツマダイ種子エキス

アルピニアカツマダイ種子エキスは、ショウガ科のアルピニアカツマダイの種子から抽出されたエキスのことです。

 

植物性のものであるために、お肌が弱い方でも安心して利用しやすい美白成分となっています。

 

これが黒ずみの正体なのですが、アルピニアカツマダイ種子エキスには、メラニンの生成を抑制する作用があるのです。

 

メラニンの分泌の量を減らすことで黒ずみへの対策を行うことが出来るのです。

 

●カモミラエキス

カモミラエキスはカモミールともカミツレエキスとも呼ばれていますが、キク科のカミツレの花(カモミール)から抽出された成分で、非常に肌に優しいことが特徴です。

 

保湿効果があり、肌を正常に整える働きを持っていますが、シミやそばかすの改善にも効果があるため、化粧品やコスメにも多く使用されています。

 

紫外線を浴びると、メラノサイトが刺激され、エンドセリンという成分がメラニン色素の生成を促します。

 

カモミラエキスは、そのエンドセリンを抑制する効果を持っています。それによって過剰なメラニン生成を防いでくれるんですね。

 

更に、カモミラエキスは、保湿効果の他にも血行を促進する働きや、皮膚の炎症を抑える働きを持っており、新陳代謝を促す作用もあります。

 

新陳代謝は、生成されてしまったメラニン色素を排出するための必要な肌機能。

 

正常に代謝が行われていないと、メラニン色素が皮膚内に留まり沈着してしまうので、どうしても避けたいもの。

 

その大切な新陳代謝を促進するためにも、カモミラエキスは効果を発揮してくれるのです。

 

また、先にも挙げたように、カモミラエキスは非常に肌に優しい成分です。

 

安全性が高いため、自然派化粧品の成分としても多く使われています。

 

肌の水分量をキープする成分

 

●ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸はもともと人の体にある成分で、目の中から発見されました。

 

目の中は99%が水分でできているのですが、この大量の水分を保ってくれているがヒアルロン酸だったんです。

 

ヒアルロン酸はたった1gで6リットルの水を保つことができるといわれています。

 

人間の体の60%は水分でできているので、ヒアルロン酸は肌にも体にも欠かせない成分なんですね。

 

肌にうるおいを与えて、そのうるおいをキープしてくれる成分として、化粧品にも使われるようになりました。

 

ヒアルロン酸の保湿力は、保湿成分のなかでもトップクラス。

 

その高い保湿効果から、ニキビはもちろんニキビ跡にも効果を発揮してくれます。

 

いろんな所でいわれていますが、大人になってからできるニキビのほとんどは乾燥が原因。

 

乾燥してる肌の上では、肌の表面をまもる皮脂(油分)の分泌が少ないので、肌の水分がどんどん出ていくのです。

 

肌の水分がなくなると、毛穴が弱ってしまい、ほんの少しの皮脂でもつまってしまいます。

 

だから肌の油分を増やさないかぎり、皮脂不足による乾燥ニキビを防ぐことはできません。

 

ヒアルロン酸は皮膚の上で皮脂のかわりに水分の膜をつくってくれるので、水分がでていくのを防いでくれます。

 

こうした効果により、油分不足による乾燥肌をだんだんよくしてニキビを防いでくれるんですね。

 

クレーター(凸凹)ニキビ跡は、肌がくぼんでしまっている状態。

 

ヒアルロン酸は肌に弾力をあたえてくれるので、くぼんだ部分の皮膚をもり上げてくれます。

 

皮膚がもり上がるとくぼんだ部分が浅くなるので、凸凹跡が目立たなくなるんですね。

 

ヒアルロン酸入りの化粧品を使いつづければうっすら目立たなくすることはできます。

 

※ヒアルロン酸には危険なヒアルロン酸もある

 

「とりあえずヒアルロン酸入りの化粧品使ってればいいんでしょ?」と思う人もいますが、ヒアルロン酸なら何でもいいというわけではありません。

 

ヒアルロン酸のなかには、有害物質からできているモノもあるんです・・・。

 

どうやって見分けるかというと、一番早いのが価格をみる事です。

 

良いヒアルロン酸は成分の中でもかなり高級な部類に入ります。

 

要するに、原価が高いんですね。

 

その分販売価格もどうしても高くなります。

 

なので、ヒアルロン酸入りなのに3000円以下のモノは、まず安い粗悪なヒアルロン酸が使われていると思ってもらってかまいません。

 

高級なヒアルロン酸化粧品に手が出ないからといって、安いヒアルロン酸入りの化粧品を使うなら、正直言って逆効果なので別のケア商品を買ったほうが良いと思います。

 

少なくても5,000円以上のものを選ぶようにしましょう。

 

●スーパーヒアルロン酸

 

「スーパーヒアルロン酸」という名称を、どこかで聞いたことがあるという人は多いでしょう。

 

その名の通り、ヒアルロン酸と比較して、約2倍の水分保持力と保湿力のあるヒアルロン酸のことです。

 

正式には「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」という名前なのですが、テクスチャーは粘性が低いためさっぱりとしているにもかかわらず、通常のヒアルロン酸よりも角質内保湿力に優れているのです。

 

そういったことから「スーパーヒアルロン酸」と呼ばれるようになりました。

 

ヒアルロン酸の持つ「水酸基」と呼ばれる原子の集団の一部を、「アセチル基」と呼ばれるものに置き換えたのがスーパーヒアルロン酸です。

 

このことにより、水に溶けやすくまざりやすい「親水性」と、水に溶けにくくまざりにくい「疎水性」の、両方の性質を兼ね備えることになりました。

 

この両方の性質から、空気中の湿度に左右されることなく、肌の水分量を一定に保つことができるのです。

 

また、油となじみのいい「親油性」を持つことから、肌の皮脂膜との相性もよく、長時間水分を肌に留めることができます。

 

角質を柔らかくして、角質に対して水分をたっぷりと与えることができるのです。

 

この高い保湿力と、肌とのなじみの良さが、スーパーヒアルロン酸の大きな特徴です。

 

●加水分解ヒアルロン酸

 

加水分解されたヒアルロン酸というのは、通常のヒアルロン酸を超低分子加工し、従来の約2倍の浸透率を実現した成分となっています。

 

美容に効果的と言われていて、特に保湿力に優れているのが特徴となっていて、近年は利用者も多くなっています。実際に保湿で利用する場合には、危険性もないのが特徴だと言えるでしょう。

 

加水分解ヒアルロン酸の効果としては、高い保湿力にあります。

 

しかし、従来のヒアルロン酸だけでは、保湿しきれていないという方もいます。

 

そういう方のために開発されたのが加水分解ヒアルロン酸であり、近年は色々な場面で使われることが多くなっています。

 

実際に低分子化されたものとなっているので、肌への浸透率はとても高いのが特徴となっています。

 

肌の内面に入り込んで、しっかりと保湿してくれるため、アンチエイジングはもちろん、シワやシミ、たるみなどにも効果を発揮してくれるものと言えます。

 

使い方によっては、高い美容効果を得ることができるため、特に女性にとっては嬉しい成分だと言えるでしょう。

 

なお、保水性と粘弾性を持つヒアルロン酸は、通常のものだと体内に浸透しにくいという特徴を持っています。

 

それを解消することが、加水分解ヒアルロン酸の目的でもある訳です。近年は医薬品や化粧品にも活用されていて、アレルギーにも効果的だと言われています。

 

肌の弾力を高める成分

 

●水溶性コラーゲン

 

水溶性コラーゲンは動物の真皮が原料で、酵素を使用し、低温で溶かすことによってできた、コラーゲンの性質である、らせん構造をもったコラーゲンの水溶液です。

 

低温で溶かして作っていくのがこの水溶性コラーゲンの重要なポイントとなります。なぜなら高い温度で溶解すると、コラーゲンのらせん構造が壊れてしまい、ゼラチンに変化してしまうのです。

 

そこで、酵素を使って低温で溶かすことで、コラーゲンのらせん構造という性質を壊すことなくコラーゲンを抜き出すことができます。

 

水に溶け、コラーゲン由来のものであれば「水溶性コラーゲン」とひとくくりに言われることもあります。

 

コラーゲンの純度が高い、不純物がとても少ない、粘りが強いというのが水溶性コラーゲンの特徴です。水溶性コラーゲンは、原料の動物の真皮を洗い、不純物を除去したあとに酵素を使って溶かしていきます。

 

酵素にはコラーゲン以外のものを分解し、除去するという力を持っています。

 

そして、酵素を使い、新しいコラーゲンを溶かすことによって、コラーゲンの濃度が高まり、純度が高い水溶性コラーゲンを生み出します。

 

不純物を除去し、新しいコラーゲンを溶かすという働きをもつ酵素を使っているため、水溶性コラーゲンは性質が優れているコラーゲンなのです。

 

さらに、水溶性コラーゲンは、入っている容器を逆さにしても垂れないほどの粘り強さをもっています。その粘り強さから、水分を保つ働きがすぐれているため、保温や保湿のためのコラーゲンを塗るタイプの化粧品に利用されています。

 

また、皮膚を丈夫にする力が、水溶性コラーゲンにはあります。コラーゲン水溶液を皮膚に塗ることで、薄い皮膜が皮膚につくられます。皮膚の水分が蒸発してしまうのを防ぎ、肌を保湿する効果が見られるため、化粧品に利用されています。

 

●スターフルーツ葉エキス

 

 

私たちの肌のハリ・弾力を支えているコラーゲン。

 

このコラーゲンの生成力が年齢や紫外線により弱まると、皮膚の弾力低下が引き起こされ、シワやたるみが加速されます。

 

この進行を食い止めるために、さまざまなコラーゲン生成促進成分が研究・開発されてきました。そんな中で、とても高い効果が証明されたのが、この「スターフルーツ葉エキス」です。

 

「スターフルーツ葉エキス」は、コラーゲンをつくりだす皮膚の繊維芽細胞の活性化を助けながら、ハリ・弾力を再構築し、シワやたるみを改善する効果があると考えられています。また、メラニン生成情報を食い止める働きもあるとされ、美白においても有用性が期待されています。まさに、多方面にエイジングケアができる成分と言えそうです。

 

その他の美肌成分

 

●エクトイン

 

エクトインとはエジプトの塩湖に生息する唯一の生命体、「ハロゲン系微生物」に含まれるアミノ酸の一種です。

 

エジプトの塩湖は、気候によるひどい乾燥に加え、塩分濃度が高い湖水という最悪な環境です。生きるためには、慢性的な水分不足に耐えなければなりません。

 

そんな過酷な環境下での生き残りに一役かっているのがエクトインです。

 

エクトインには強力な保水力があり、過酷な環境下でも水分と栄養を保持してくれます。その保水量は自らの体積の4〜5倍にも及びます。

 

さらに紫外線や酷い乾燥などの外からの刺激による、細胞へのダメージを防止する、細胞保護作用まであるのです。

 

この驚異の働きは、人間にも有効でクレオパトラの美しさにもエクトインが関係していたのでは?という人もいるほど。そんなエキゾチックな要素、エクトインは、化粧品から直接肌に取り込むのがオススメです。

 

●セイヨウオオバコ種子エキス

 

 

オオバコ科オオバコ属のセイヨウオオバコの種子から抽出したエキス。

 

セイヨウオオバコ種子エキスには、「プランタゴサイド」という成分が含まれていて、非常強い抗糖化作用を持っています。

 

糖化は、肌の老化現象のひとつで、肌にあるコラーゲンが糖質や酸化などで変質してしまい、黄ばみやくすみなどの原因になります。

 

プランタゴサイドは、フラ ボノイドのひとつで、真皮のコラーゲンや表皮のケラチンなどのたんぱく質の糖化を防ぎ、透明感や柔軟性のある肌へと導いてくれます。

 

その他にも、シミやシワを防ぎ、肌に弾力を与える作用があるため、最近では、セイヨウオオバコ種子エキスを配合したアンチエイジング化粧品が数多く販売されるようになっています。

 

●セラミドV

 

もともとセラミドの原料として使われてきたのは、牛などを主にした動物由来のものや化学的に合成されたものが主流でした。

 

しかし、ヨーロッパを発端に発生した狂牛病が広まってからは、こんにゃく芋や小麦、米、大豆、ほうれん草などの植物から抽出する流れに変わってきています。

 

角質層には多くの種類のセラミドが存在しています。

 

セラミドTは、摩擦や紫外線など、外部刺激からのバリア機能をサポートします。
セラミドUは、保湿機能をサポートする働きを持っており、人間の肌にもっとも多く含まれています。
セラミドVは、保湿機能だけでなく、シワを軽減する機能があります。
セラミドW、Xは角質の脂質バリア層をつくります。
セラミドYは水分保持機能にくわえて、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能を持っています。

 

年齢を重ねることで減ってしまう美容成分はたくさんありますが、残念ながらセラミドも同じです。

 

セラミドを産生する力は、なんとピークが赤ちゃんのとき。

 

30歳を超えると大幅に低下し、50歳になると20代の約半分に減少してしまうのです。

 

セラミドが不足すると乾燥したりシワやたるみができたりするだけでなく、バリア機能も低下。

 

若い時は肌が強かったのに、大人になるにつれてアレルギーを起こしやすくなったり、肌がゆらぎやすくなったりするのは、セラミド不足と関係している場合もあると思います。

 

とくにセラミドVは量の低下が顕著。だから年齢を重ねると乾燥しやすくなり、シワができやすくなってしまうのかもしれません。

 

●テンニンカ果実エキス

 

 

テンニンカ果実エキスとは、フトモモ科植物のテンニンカの果実から抽出されたエキスです。

 

この成分には、体内の酸化を防ぐ抗酸化物質の産生力を高める機能があり、肌の老化の原因となる活性酸素を取り除く作用があるといわれています。

 

また、紫外線による肌のダメージを抑制する効果も期待出来ます。

 

紫外線は、地球温暖化の影響により春・夏・秋・冬と年々増加の傾向にありますが、紫外線から発生した活性酸素を除去し、DNA損傷抑制作用や人間が本来もっている肌のバリア機能を高める役割を果たします。

 

●シルバーバイン果実エキス

 

 

シルバーバインとは英語で「マタタビ」のことで、その果実をエキスにしたものがシルバーバイン果実エキスです。

 

日本各地や朝鮮半島の山地などに自生するつる植物で、2〜3センチの楕円形の果実をつけます。

 

ビタミンA(β-カロテン)やビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きもあります。

 

シルバーバイン果実エキスはこれらの成分によって、紫外線などで肌の角質にあるタンパク質が黄色っぽくなるカルボニル化を抑制させることができます。

 

加齢によってカルボニル化した肌は黄色くくすんでしまうため、その抑制のためにエイジングケア化粧品に配合されます。

 

これらの成分がどんなものなのか、イマイチ把握してなかった方も多いはず?

 

良く分からない成分のままでは、

 

「嘘なんじゃないか?」

 

「そんな成分しらないよ?」

 

と思い込んでしまうことも多々ありますよね。

 

ここでベルブランの成分がどんな作用を持っているのか理解して頂けたと思います。

 

このように、ベルブランには 肌に嬉しい成分がたっぷりと含まれており、肌を健康な状態へと導いてくれます。
どの成分も、肌に優しい成分ですから、安心してケアが出来るでしょう。

 

ニキビ跡をケアするためには保湿と美白の両方が必要ですが、ベルブランの成分を調べた結果、それら必要条件を十分に満たしていました。

 

ベルブランを購入した方の実際の口コミでも

 

「肌トラブルを起こさずにニキビ跡を解消できた」
「新しいニキビができなくなった」
「保湿効果でお肌が柔らかくなった」

 

といった喜びの声が多いです。

 

なので安全性が高くて、ニキビ跡に有効な成分を配合している商品を探しているならベルブランがぴったりだと言えるでしょう。

 

>>詳細は公式サイトの情報でご確認を!

 

ベルブランの成分に副作用はないの?

 

ニキビ跡ケアで評判のベルブランですが、その成分は聞きなれないものばかり...

 

本音を言えば、ベルブランに入ってる成分は怪しい成分ばかりなんじゃないの?って思ってました。

 

ですが、いろいろ調べてみるとその成分って怪しいものでも何でもなかったんです。

 

ベルブランにはブースター成分、美肌成分、保湿成分、アンチエイジング成分がオールインワンとなって含まれています。

 

では、それぞれの成分は体に害や副作用はないのでしょうか?

 

調べてみると、どの成分も美肌対策商品や、化粧品に広く使われているメジャーな成分で有効性と安全性が認められている成分が使われているので安心です。

 

2014年より、化粧品・医薬部外品(ベルブランは医薬部外品にあたります)を使って副作用があった場合、国への報告が義務付けられています。。

 

参照:医薬品・医療機器等安全性情報報告制度 - Pmda

 

しかし、現在のところべルブランは副作用が報告されていません。

 

べルブランに含まれる成分もアレルギーを引き起こす可能性があるものは使われおらず、紫外線吸着剤・シリコン・タール系色素・合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン、8つのフリーを達成しています。

 

無添加はお肌を裏切りません。

 

これにより、敏感肌や乾燥肌など、さまざまな肌質の人が使えるように作られています。

 

敏感肌を始め、すべての肌質に使えるよう作られています。

 

それに専任アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、困ったことがあれば、相談もできます。「ベルブラン」の製造工場は高品質を妥協していないので、安全面で安心できます。

 

ただしどんなに肌に優しくても、100%安全とは言い切れません。

 

ベルブラン使用されてる方の口コミを調べても副作用というほどのものはありませんが、肌に合わない時のサインをピックアップしてみました。

 

<ベルブランが合わない時のサイン>

 

・肌が赤くなった
・付けたら痒くなった
・ニキビの治りが遅くなった
・白ニキビができた

 

ベルブランでは起こる可能性が少ないですが、初めて使う時のチェックポイントにしてくださいね。

 

ちなみに私は敏感な混合肌で、ニキビが出来やすい肌質ですが、ベルブランを使って刺激は一切感じませんでした。

 

合わない化粧品は3〜4日で肌の調子が悪くなりニキビができるのですが、ベルブランを使って新しいニキビが増えることはありませんでした。

 

使った感想としては「合わない人は稀ないんじゃないか?」というほど優しい使い心地です。

 

多くのニキビケア化粧品は、薬事法上「化粧品」に分類されています。

 

ところがベルブランは、「医薬部外品」に分類されます。

 

医薬部外品に分類されるためには、厚生労働省が認める「有効成分」を含んでいなければなりません。

 

ただの化粧品にくらべ、ベルブランは効果が高いといえるのではないでしょうか?

 

化粧品なので使用される方の体質や肌質に合わない場合等もありますので、気になる方は使用する前にパッチテストをするようにしてください。

 

化学成分が添加されていない美用品は、高額な商品ではよくありますが、ベルブランの価格帯で商品化されているものは少ないです。

 

さらにベルブランは品質管理においてIOS9001という国際基準を取得しています。

 

そして国内にある生産工場にて、品質管理の厳しいチェックのもと製造されています。

 

敏感肌や乾燥肌の方にはもちろん、肌に直接つけるものなので、毎日使うものとして大変安心して使えますね。

 

万が一肌に合わなかった場合も、60日間の返品保証がついていますので安心して使い始める事ができますね。

 

つまり、怪しいな〜と思ったベルブランは安全性が高く、成分にも副作用の心配のほとんどない良質な製品と言えます。化学物質が入っていない点や、品質管理への姿勢から納得して使うことができますね。

 

>>一番安く買えるのは公式サイト!(60日間返金保証付き)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top