クリアポロン シミ

クリアポロン シミにも効果がある?

 

クリアポロンはシミにも効果ってあるのかな?と思って色々と調べてみました。

 

まず、シミがなぜ出来るのかというと、

 

皮膚の表面が紫外線を浴びると、メラノサイト(色素形成細胞)に信号が送られ、メラニン色素が生成されます。

 

このメラニンはケラチノサイト(表皮細胞)の中にとどまって、紫外線から肌細胞を守る働きをします。

 

ケラチノサイト(表皮細胞)は表皮の一番下(基底層)から分裂し、約28日かけて徐々に肌表面に押し出され、最後は角質となってはがれ落ちます。

 

これがターンオーバーです。

 

ターンオーバーとともにケラチノサイトの中にとどまっていたメラニンも排出されるため、通常の日焼けであれば約1ヶ月後には消えることになります。

 

何らかの原因でターンオーバーサイクルが乱れ、メラニンの生成が排出のペースを上回ると、大量のメラニンが肌に滞留することになります。

 

このように、ターンオーバーが間に合わず肌に残ってしまったメラニンが、シミとなってしまいます。

 

次にメラニンが作られる原因には以下のようなものがあります。

 

●紫外線

 

●乾燥肌

 

●過度なスキンケア

 

●食生活の乱れ

 

●活性酸素

 

●ホルモンバランスの乱れ

 

●ニキビ

 

●摩擦

 

●外傷

 

●ストレス

 

●喫煙

 

●睡眠不測

 

●やけど

 

などです。

 

原因を一通り見てみるとシミのケアをするには外面からサポートできるものと、内面から改善が必要なものがあることが分かりますね。

 

肌のターンオーバーが正常ならば、新陳代謝によりメラニンは体の外に排出され、シミになることはありません。

 

しかし過剰にメラニンが作られたり、ターンオーバーが乱れているとメラニンが沈着し、シミができてしまいます。

 

つまりシミをケアするためには、メラニンに働きかける作用のある成分が必要です。

 

首イボのケアができると話題になっている「クリアポロン」ですが、イボケアだけでなく、メラニンに働きかける美白成分がたくさん含まれています!

 

クリアポロンに配合されている成分を見ると、透明感に効果を発揮する美白成分が3つ入っており、シミに対する効果も期待できるんです。

 

ビタミンC誘導体(VCエチル、ビタミンCエチル、3-O-エチルアスコルビン酸)

 

VCエチルは、水溶性のビタミンC誘導体の一種です。

 

VCエチルは、ビタミンCエチルとも呼ばれ、化粧品の全成分表示では、「3-O-エチルアスコルビン酸」と記載されます。

 

クリアポロンの成分の中にもこの「3-O-エチルアスコルビン酸」で記載されております。

 

ビタミンCにエチル基を結合した、比較的新しいビタミンC誘導体であり、その他のビタミンC誘導体とは異なる特徴を持っていることから注目を集めています。

 

また、厚生労働省から認可された医薬部外品有効成分です。

 

VCエチルは、以前は大手化粧品メーカーである資生堂の化粧品にのみ配合されていましたが、現在では、多くのメーカーで活用されています。

 

VCエチルのビタミンC誘導体としての効果やはたらきの前に、ビタミンCについて復習しておきましょう。

 

ビタミンCは、別名「L-アスコルビン酸」と呼ばれる水溶性のビタミンです。

 

体の細胞を保護する、活性酸素の害を減らす、コラーゲンの生成を促す、酸化してしまったビタミンEの抗酸化作用を再生させるなどの働きがあります。

 

ビタミンCは、非常に優れた成分ですが、人間の体内では合成できないので、食事などから摂取することが必要です。

 

そんなビタミンCは、食事から摂ることで美肌や健康をサポートしてくれます。

 

しかし、お肌へそのまま塗るには向かない成分です。

 

なぜなら、ビタミンCは「還元作用」、つまり酸化されやすい特性を持っており、そのままの形でお肌に塗布してもすぐに酸化して壊れてしまうからです。

 

そこで誕生したのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの基本的な特性を維持したまま化学的に少し加工した成分です。

 

塗布しても壊れることなく皮膚の中に浸透してビタミンCとしての効果を発揮できるのです。

 

VCエチルの水溶性ビタミンC誘導体としてのはたらきは次のとおりです。

 

美白効果

VCエチルには、メラニンの生成を抑制したり、シミやそばかすなどの原因となるメラニン色素を還元しての沈着を防ぎ、お肌のくすみを予防します。

 

その結果、お肌の透明感をもたらします。

 

シミ・そばかすを予防し改善する美白効果が期待できるので、美白化粧水によく配合されます。

 

コラーゲンの生成をサポート

VCエチルは、コラーゲンの生成をサポートしてくれるので、エイジングケアに効果的です。

 

そのため、お肌のハリをもたらすことが期待できます。

 

また、しわやたるみなどの肌悩み、肌老化の予防にもつながります。

 

皮脂の分泌をコントロールする

VCエチルは、皮脂の分泌をコントロールし、過剰な分泌を減らしてくれる働きがあります。

 

ニキビ予防、大人ニキビ予防、脂性肌の対策にも使えます。

 

また、皮脂のコントロール作用によって、毛穴を引き締め、目立ちにくくする事もポイントです。

 

このような性質からVCエチルなどのビタミンC誘導体は、収れん化粧水にもよく配合されます。

 

酸化を防ぐ

ビタミンC誘導体にはエイジングケアに有効な抗酸化作用があります。

 

お肌は、紫外線やストレスなどで「活性酸素」にさらされますが、過剰な活性酸素は表皮だけでなく、真皮にある線維芽細胞やコラーゲン、エラスチン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸にダメージを与えます。

 

VCエチルは、活性酸素を取り除き、ダメージからお肌を守ります。

 

プラセンタエキス

 

プラセンタとは、日本語で「胎盤」を意味します。

 

胎盤にはあるゆる栄養素が存在しています。

 

三大栄養素と呼ばれているタンパク質や脂質はもちろんの事、生理活性成分であるビタミン類やミネラル類、細胞の核を構成する核酸、酵素、アミノ酸など、ありとあらゆる栄養素が豊富に含まれています。

 

プラセンタエキスとは、哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出して精製したエキスの事を指します。

 

日焼けやシミの元となるメラニン色素ですが、メラニン色素はそもそも活性酸素が作り出しているんです。

 

プラセンタエキスは、その活性酸素を除去して、新陳代謝を高める働きがあります。

 

日焼けやシミ・シワなどの予防、美白効果やアンチエイジング効果も期待出来ます。

 

また、美容成分では、プラセンタだけが「成長因子(グロースファクター)」と呼ばれる細胞の成長を促す物質が含まれています。

 

成長因子は、EGF、FGFなどの種類があり、肌のターンオーバーや新陳代謝を活性化して老化現象を抑えてくれる物質です。

 

細胞レベルで新陳代謝が行われるので、肌のハリがアップしたり、シワが目立たなくなったりするエイジングケアが期待出来ます。

 

アラントイン

 

アラントインは、植物が新陳代謝をすることによって生成される物質です。

 

もともと、成分そのものは19世紀頃に牛の羊膜の分泌液から発見されました。

 

そのため、名前が羊膜を表す「アラントイス」に由来しています。

 

アラントインは、今では穀物の胚芽やタバコの種子、コンフリー(和名 ヒレハリソウ)の根などから採取可能です。

 

アラントインの知名度はまだ低いですが、最近では美容意識の高い韓国でカタツムリクリームなどが流行ったことから、美容に関心が高い人に名前が知られるようになってきました。

 

カタツムリに傷ができてもすぐ治ることに注目した南米の研究者によって、カタツムリの粘液の中に天然のアラントインが含まれていることが確認されたのです。

 

なお、カタツムリの分泌液の中には、アラントイン以外にも美肌に有効な成分が多数含まれています。

 

天然素材であるアラントインですが、近年では合成品も開発されています。

 

現在、アラントインは、尿素から合成した粉末状のものが流通しています。

 

無味無臭であり、白くて柔らかい事が特徴的です。

 

アラントインには主に3つの効果が確認されています。

 

抗炎症作用

アラントインには、肌荒れやアトピー性皮膚炎の場合の炎症を抑え、細胞の分裂を正常な状態に整える作用があります。

 

ニキビ治療薬に配合されていることもあり、全成分表示に「アラントイン」と記載されます。

 

だから、ニキビでお悩みの方はご存知の方もいるでしょう。

 

ニキビの炎症がひどかったり、同じ場所でニキビを繰り返すと、皮膚組織が損傷してしまい傷跡として残ってしまう事があります。

 

ニキビの軽い段階でケアして治せば、跡として残るリスクが減ります。

 

抗炎症作用があるアラントインが配合された薬を使うことで、ニキビ跡のないキレイな肌に戻ることが期待できるのです。

 

また、ニキビ跡だけでなく、火傷跡の治療にも用いられています。

 

アラントインは、このように傷を目立たなくしてくれる抗炎症作用があるのです。

 

組織修復賦活(ふかつ)作用

アラントインは、お肌の組織を修復し、活性化させる作用があります。

 

肌の新陳代謝を促進し、新しい表皮細胞を増やしてくれるので、角質などの古い細胞が自然と剥がれ落ちやすくなり、肌のキメ(肌理)を整えてくれるのです。
肌ツヤや肌のハリもキープできるので、エイジングケアにも効果があると言えます。

 

肌本来の力を高め、ナチュラルな状態を取り戻すサポートをしてくれる点が魅力的です。

 

顔だけでなくデコルテのエイジングケア、手肌のエイジングケア、かかとのエイジングケアなどにも使えます。

 

日焼け後のほてりを防ぐスキンケアアイテムなどに使われている事もあります。

 

抗炎症作用と組織修復賦活作用があるので、日焼けのダメージを受けた肌の炎症を抑えて修復を促す事が可能です。

 

成分名を聞いたことがなかった人も、手持ちの化粧品をチェックしてみると、意外とアラントインが配合されている事もありますので、一度見てみるとよいでしょう。

抗刺激作用

抗刺激作用があるので、刺激を抑える効果があります。

 

肌荒れを予防してくれる効果も期待できる成分です。

 

この作用によって、アラントインは化粧品に配合されているだけでなく、目薬、湿疹用の軟膏などにも用いられています。

 

アレルギー反応を抑制する働きもありますので、アレルギー肌の人にも使用可能です。

 

また、敏感肌の人にも使えます。

 

敏感肌とは、肌を守ってくれるバリア機能が低下して、少しの刺激でもかゆみやピリピリ感などを感じやすい状態の肌の事です。

 

敏感肌には2種類あり、生まれつきの肌質によるタイプと間違ったスキンケアなどが原因で敏感肌を招いているタイプがあります。

 

生まれつきの場合は、もともと肌が薄く少しの刺激で過剰に反応しやすいのです。

 

だから、低刺激の優しい化粧品成分がオススメです。

 

アラントインは、生まれつきの敏感肌の人にも使いやすい成分です。

 

刺激の強い洗顔やクレンジングなど、間違ったスキンケアが原因で敏感肌を招いているタイプの場合は、まず、それを見直す事が大切です。

 

また、生理前や寝不足などの不規則な生活習慣が続いて、一時的に敏感肌になってしまう事もあります。

 

そんな場合でも、しっかり保湿を行うとともに、アラントイン入りの化粧品などを使って肌の状態の改善を目指しましょう。

 

もちろん、同時にスキンケアや生活習慣を見直す事も大切です。

 

以上3つの美白成分は安全性も高く、化粧品の成分として安心して使う事ができます。

 

これらの成分以外にも「クリアポロン」にはシミの原因となる皮膚の老化を抑える以下3つの成分が入っています。

 

リンゴ果実培養細胞エキス

「リンゴ果実培養細胞エキス」とは、スイス産の「ウトビラー・スパトラウバー」というリンゴの幹細胞を人工的に培養し、エキスを抽出した原料の事です。

 

このスイス産の「ウトビラー・スパトラウバー」というリンゴは、別名『奇跡のリンゴ』と呼ばれており、なんと「4ヶ月腐らないリンゴ」として有名なのです。リンゴは放置しておくと腐敗してしまうものですが、4ヶ月も腐らないとは驚きの一言です。

 

なぜ、このリンゴだけが4ヶ月も腐らないのでしょうか?

 

それは『抗酸化力』が高いからです。

 

普通のリンゴは酸化によって腐ってしまうのですが、「ウトビラー・スパトラウバー」が抗酸化力が強いため、4ヶ月の期間も長持ちさせる事が出来るのです。

 

奇跡のリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」は、抗酸化力が高いため4ヶ月も腐らないのでした。

 

お肌にとっても、この「抗酸化力」がとっても大切なのです。

 

わたし達のお肌は「活性酸素」の発生によって「酸化」します。

 

つまりお肌がサビるのです。

 

金属でもないお肌がサビる、というのは想像しにくいかもしれませんが、お肌の老化はこの『サビ』が深く関係しています。

 

お肌が酸化しサビる事で『シワやシミ』の原因を加速させてしまいます。

 

また「たるみ」など、いわゆる「肌老化」の原因をたくさん作ってしまうもの。

 

つまりお肌が酸化するほど「老けた印象」を与えるようなお肌になってしまうということ。

 

それだけではなくニキビや肌荒れなどの原因となり、若々しいお肌が失われてしまうのです。

 

だからこそ『抗酸化作用』によって、老化の原因である「酸化」からお肌を守る事が大切です。

 

その為に使うのが「抗酸化力のある成分」であり、その抗酸化力が期待されているのが「リンゴ果実培養細胞エキス」、つまり奇跡のリンゴの成分なのです。

 

オリゴペプチド-24

 

人が元々持っているタンパク質「EGF(ヒトオリゴペプチド−1)」は、新しい細胞が生れるのを促進する大切な成分です。

 

若々しい素肌を保つために欠かせない成分です。

 

残念ながらこのEGFは年齢とともに減少してしまい、ターンオーバーが乱れて新しい肌細胞が生れにくくなってしまいます。

 

古い細胞だらけのお肌は、肌表面を支える事が出来なくなったり、水分を蓄えるチカラが低下する為に、シワやシミ、たるみなどの肌老化が進行していきます。

 

EGFとは、人の体にもともとあるタンパク質の一種。

 

上皮細胞増殖因子とも呼ばれ、肌表面にある受容体と結びつく事で、新しい細胞の生成、つまり新陳代謝を促進させます。

 

発見者である博士は、ノーベル生理学医学賞を受賞したほど、今、注目の成分なのです。

 

オリゴペプチド-24は、このEGFと同じ働きをします。

 

新陳代謝が活発になれば、健やかでトラブルの少ない肌を目指すことができますから、美容面での働きが期待できますね。

 

コスメとして大量に使用しても大丈夫です。

 

EGFは、コスメ配合量が濃度1%以上になると良くないという噂があります。

 

なんでも、あまり濃度が高いと、体内でEGFを作る働きが弱まってしまうそうです。

 

その点、オリゴペプチド-24には、そういった欠点がありません。

 

EGFは年齢とともに、体内の量が減少して行くものです。

 

いつまでも艶やかなお肌でいるために、オリゴペプチド-24を活用すると良さそうです。

 

水溶性プロテオグリカン

 

サケの氷頭と呼ばれる鼻軟骨から抽出して得られる糖タンパク質です。

 

サケの消費全体から考えた場合、サケの頭部は廃棄されることも多く、資源の有効利用が求められていましたが、2007年以降に弘前大学と株式会社角弘との共同研究により、サケの鼻軟骨から高純度かつ大量にプロテオグリカ
ンを精製する技術が確立されました。

 

プロテオグリカンは聞き慣れないかもしれませんが、ヒアルロン酸やコラーゲンと同様に皮膚の真皮の潤いや弾力を保つ生体成分です。

 

何と!プロテオグリカンの保湿力はなんとヒアルロン酸以上のものなんです!

 

プロテオグリカンはタワシのような形ゆえ、大量の水分を吸収し、保持出来るため、肌の潤いやハリ、ツヤをキープする事が出来ます。

 

その為、ヒアルロン酸以上の保湿力を発揮してくれるのです。

 

といった話題のエイジングケア成分も贅沢に配合されています!

 

口コミも調べてみると…

 

40代・女性

 

もともとは首のイボにクリアポロンを塗っていたのですが、少しだけ残っていた分をいつも顔のシミにも少しだけ塗っていたのです。

 

そうすると、なんと、だんだんとですがシミが気にならなくなってきたのです!

 

これからも塗り続けて、顔のシミがもっともっと薄くなればいいなぁと思います。

30代後半・女性

 

今まではサングラスや麦わら帽子、日焼け止めクリームなどを塗って紫外線対策をしていました。

 

しかしクリアポロンを使えば、紫外線対策もしなくてもよかったのです。

 

今までは首から上にたくさんのイボができていたのですが、クリアポロンを毎日塗り続けたおかげで、イボがどんどん目立たなくなってきました。

 

それにシミ対策もできているようで私には合っていたんですね。

 

今後も使い続けていきたいと思います。

51歳・女性

 

いつもは首周りにクリアポロンを使って塗っていました。

 

塗ってみるとしっとり感が出てきて、肌がツルツルになってくるんです。

 

あのポツポツしたものが取れたときの感動は今でも覚えています!

 

それに、シミになりにくくしてくれる効果もありそうなので、ますます使っていきたくなりますね笑

口コミを見てみると投稿数は少なかったのですが、クリアポロンを使ってみて、シミにも効果がある事が分かりました。

 

こうして見てみるとクリアポロンはイボだけではなく、シミ予防もできそうな感じですね。

 

日々のシミ対策にも朝晩「クリアポロン」を気になる部分に塗って、その効果をぜひ実感して頂きたいと思います。

 

 

 

 

 
page top