クリアポロン 首イボ 原因

クリアポロン 首イボができる原因と対策方法

 

 

《首イボができる原因》

 

30歳を迎えるあたりから、首周りに小さなイボができる事があります。

 

最初は1〜2個だったイボが、いつの間にか数が増えている場合も...

 

特に痛みやかゆみはなくとも、指でつまめるほど飛び出したイボは人目につきやすく、男性はワイシャツの襟、女性はハイネックやアクセサリーで擦れて、不快でストレスを感じる事もあります。

 

これは、一般的に『首イボ』と呼ばれているが、首以外にも、脇の下、胸、脇腹など、皮膚の薄い場所にでき易いのが特徴です。

 

イボは皮膚の線維や脂肪からできています。

 

医学的には、イボの大きさによって名前が変わり、

 

@大きさが2〜3mmで出来易いものを

 

『アクロコルドン』
または
『スキンタッグ』

 

と呼びます。

 

A単発でやや大きなもの(直径約1cm)は

 

『軟性線維腫』

 

と呼びます。

 

B軟性線維腫が更に大きくなり、皮膚面から垂れ下がるようになったものは

 

『懸垂性線維腫』

 

と呼ばれています。

 

このようなイボは良性の腫瘍で、感染の心配はないです。

 

1つだけできる場合もあれば、人によっては数えきれないほど多数出来る場合もあります。

 

皮膚の老化、または体質によってできるもので、アクロコルドンは早い人なら20歳くらいからできます。

 

しかし、ほとんどは30歳以降に発生し、加齢とともに増えていきます。

 

特に更年期を過ぎた女性や、肥満者に多く見られる傾向があります。

 

イボのできやすい場所は、首まわりや脇の下、胸、横腹などで、衣服や動作による摩擦が起きやすい所です。

 

その為、擦れる刺激が原因だと言われています。

 

また、強い紫外線を浴びた後に多発する場合があり、紫外線ダメージも一因ではないかという説もあります。

 

基本的に良性の皮膚腫瘍なので、特に心配する事はないです。

 

とはいえ、老化が進み、常に服の繊維がイボを刺激していると、どんどん増えて大きくなっていく方もいます。

 

イボやホクロの中には、ウイルスによる人に感染するイボや皮膚がんなど、要注意なものもあります。

 

下記いずれかに該当するようなら、すぐに皮膚科行きましょう。

 

イボが急に大きくなって出血する色は黒や茶色で、直径が7mmになると、悪性である可能性が高まります。

 

皮膚良性腫瘍である軟性線維腫は、直径が1cm程度。

 

自分自身で良性か悪性かを見分ける事は難しいので、皮膚科医に診てもらう必要があり、小さなイボは小さな手術で済む美容的、かつ、イボに摩擦刺激を与えないためにも、形成外科や皮膚科で取ってもらった方が良いです。

 

隆起した小さなイボなら、ハサミによる治療で簡単に切り取れます。

 

自分でハサミを使って切り取ると、バイ菌が入る可能性があるので、必ずドクターに切ってもらうようにしよう。

 

他に、液体窒素を用いた冷凍療法や、炭酸ガスレーザーでの治療もあります。

 

大きめの(約1cm以上)の軟性線維腫や懸垂性線維腫は、局所麻酔をし、イボの根元をメスで切り、傷を縫う簡単な手術で取れます。

 

形成外科ではよく行われている手術です。

 

《首イボを増やさないための5つの予防方法》

 

紫外線対策は必須

 

首イボの原因の多くは紫外線によるダメージです。

 

紫外線によるダメージから首を守るということは、首イボだけでなく、シワやシミの予防にもなります。

 

冬でも日焼け止めを塗ったり、コットンやシルクなどの肌に優しい素材のマフラーやスカーフなどで保護するのもオススメです。

 

紫外線に当たってしまった日は、水分補給、クリームを多めに塗るなどして、保湿をしっかり行いましょう。

 

ナイロン製のボディタオルやブラシは使わない

 

首だけでなくナイロン製タオルやブラシの刺激は、全身の肌にとって強い刺激があります。

 

肌を乾燥させたり、ターンオーバーの乱れの原因になり、首イボをさらに増やす危険性があります。

 

顔と同じように、手を使って泡で汚れを落としたり、綿などの肌に負担をかけないボディタオルを使うようにしましょう。

 

ハトムギ茶やヨクイニンサプリで体の内側からもケア

 

外部からのケアとともに内側からもハトムギ茶やヨクイニン配合のサプリなどを摂り入れる事で、ターンオーバーがサポートされてより効果的です。

 

イボの予防だけでなく、美白、保湿効果にも期待できます。

 

ハサミで切らない

 

首イボをハサミで切るという方法がありますが、アフターケアを自己流で行ってしまうと、後で色素沈着を起こしたり、さらに角質を硬くしてしまう危険性があります。

 

刺激となるようなことは避け、首イボ専用のクリームをしっかり塗布してケアしましょう。

 

ナイロン製の下着、衣服の摩擦に注意

 

下着や衣服の摩擦によっても肌を傷める原因になります。

 

肌に直接触れるものは、コットンなどの肌に優しい素材にする、また、クリームなどを塗って肌を保護するなどの対処が必要です。

 

《皮膚細胞の代謝を高める3つの生活習慣》

 

お肌のゴールデンタイムに質のいい睡眠を取る

 

22時〜2時はお肌のゴールデンタイムと言われていて、成長ホルモンが一番分泌されます。

 

子供の頃は、背が伸びるなどの成長に関係しますが、大人になると、皮膚細胞の生まれ変わりが活発になります。

 

その為、日中、紫外線などの外部刺激でダメージを受けた肌の修復や細胞の生まれ変わりが活発に行われる時間帯です。

 

22時に就寝は難しいかもしれませんが、せめて0時までにはお休みになる事をオススメします。

 

筋トレは皮膚の代謝アップにも効果的

 

筋肉量が増えると、代謝がアップして脂肪が燃焼されやすくなる為、痩せやすい、太りにくい体になる効果がありますが、皮膚細胞のターンオーバー促進効果もあります。

 

今まで筋トレしていなかった方が、いきなり始めるのは難しいと思いますので、軽いスクワットからなど、ご自身のペースに合わせて取り入れてみましょう。

 

体を温める・冷やさないよう気をつける

 

冷えは、代謝低下の原因となります。

 

シャワーだけで済ませず、お風呂で体を温める、温かいスープや飲み物で体を内側から温めるなどして、冷えやすい人は改善していきましょう。

 

《デコルテ美人を目指そう》

 

首イボは、放っておくとドンドン増えていきます。

 

そのうち、首を出すのが嫌になるくらい首イボが増え大変な事になってしまうかもしれません。

 

「あれ、ちょっとイボみたいなものができているかな?」と思ったら、すぐにでも対策を講じた方がよいでしょう。

 

イボができるという事は、今のあなたの首はイボができやすい状態にあるという事です。

 

クリアポロンは、それ1つでイボの予防や治療に使えるほか、お肌の環境を良くしてイボのできにくい状態にしてくれるオールインワンジェルです。

 

イボ治療で皮膚科に行くのも面倒な方もいらっしゃるでしょうから、まずはクリアポロンで首イボの治療、あるいは予防に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 
page top