クリアポロン 副作用

クリアポロンを顔に塗って副作用が出ることはある?

 

クリアポロンに配合されている成分を調べてみると、イボケア効果のあるWヨクイニンを始め、あんずエキスやダーマヴェールが配合されています。

 

それだけではなく、イボが除去された跡も色素沈着を防ぐプラセンタやビタミンC誘導体、保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸、スクワランなどが入っています。

 

さらに天然植物由来のオーガニック植物エキスがたっぷり入っていることもあり、肌に悪影響を与えるような危険な成分は入っていませんでした。

 

このような高い作用が得られる商品は肌に負担をかけるのではないか?と心配している方もいらっしゃるのでしょうか?

 

クリアポロンは敏感肌でも安心して使用することができるほどの安全性の高い成分で作られているので、副作用を心配しなくても大丈夫です!

 

顔に使っても平気だと分かっても、肌が弱い方などは使うことに抵抗があるということもあるでしょう。

 

クリアポロンは日本製で、敏感肌や乾燥肌でも使えるように低刺激処方となっています。

 

香料、着色料、パラベン、アルコール、鉱物油、紫外線吸収剤を使用しておらず無添加で、刺激を最低限にした処方となっています。

 

これらを配合していると肌が弱い人はすぐに刺激を受けて肌荒れを起こしてしまいます。

 

皮膚の薄い場所にできやすい角質に対してアプローチをするクリアポロンだからこそ、皮膚に対しての刺激をできるだけ緩和させる優しい処方になっているという訳ですね。

 

また植物由来のアルテア根エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、アロエエキス、キュウリ果実エキスを配合しオーガニックが好きという方にもおすすめできる処方にもなっています。

 

ざらつきを解消してなめらかですべすべな肌になれるように、美容成分95.8%配合の濃縮タイプを1個にギュッと1ヵ月分を詰め込んでいるため潤いを実感できている方も多くいるようです。

 

クリアポロンは顔にも体にも使える低刺激処方にはなっていますが、体質的に合わない成分が含まれている可能性はありますので、痒みやかぶれなどの異変が生じた場合は、使用を中止して様子を見なければなりません。

 

これらの異変が表れている時には何らかの合わない成分が含まれてる可能性が高いので、使い続けるのは危険があります。

 

また、体調の変化によって一時的に合わなくなる事もあります。

 

肌の弱い方や合わない方は使用を控えるようにしてくださいね。

 
page top